1875年以来、ギャルリー・クレメールの手を経て現在は美術館に所蔵されている、18世紀の家具と工芸品のセレクション。

妃マリー・アントワネットのテーブル:LVMHとサノフィ・アベンティスのメセナにより、ヴェルサイユ宮殿がギャルリー・クレメールから購入

1世紀以上にわたり、ギャルリー・クレメールは数多くの貴重な18世紀の家具や工芸品を取り扱ってきました。そのうちの一部は、現在下記の美術館を始め、ヨーロッパやアメリカの名門美術館のコレクションの中で展示されています。

Show complete list